検索
  • おいちゃん

最終更新: 2020年12月5日

へらウキの「ウキゴム」は大変親切な物で

サイズが細かく分かれている。

昔はゴムその物で収縮も小さく

わざと昔のウキゴムを使用して

ウキの早い立ちをサポートさせてた時代もあった。

ウキ周りの仕掛けは ”なるべく小さく” することが

抵抗も含めてお洒落ですね。


サイズが細かく分散されたのは

直結式のカーボン足が販売されてからです。

ウキ作者によって足の太さが異なりますから

「ゴム管にウキを合わせるのでなく」

「使用するウキにゴム管を合わせましょう。」

あれもこれも違うウキを使う場合は

松葉式が良いかと思います。


さて、

新発売したArataのAP-1の足は0.8mmφ

多分、0.8mmの足のウキは販売されていないと思う。

ここが、ドSの攻め攻めウキの規格で

軽量もさることながら、「水面張力の縮小」狙いなんです。

現在販売されているウキゴムで

作者やスギタツがお勧めしているのがこちら!




規格は 0.4(1号)~販売されていますが

AP-1で 0.9(3号)でもホールドして抜けませんでした。

小ウキには 0.7(2号)or 0.9(3号)

今後販売される竹足などには 0.9(3号)が良いかと思います。


■オーナー 《強力一体ウキベスト》4個入り 割引価格\¥220-(税込)

  • おいちゃん

本日Arata発売日。

午後12時30分現在、お申し込み満タンで売り切れです。

有難うございます。

  • おいちゃん

研究室で永年綴った日記は終了しました。

これからは「無双のへら鮒釣り研究室」の本丸

へら鮒釣り道具について綴って行きたいと思います。


新コーナー第1弾は、新発売へらウキ「Arata(アラタ)」の詳細です。


ご存じの様にスギタツが作者と時間を掛けて

ギリギリの線を攻めて作ったドSなウキです。

徹底的に拘ったのは「軽量化」。

この軽量化を基本として、へらウキ本来の「立ち」「座り」

「馴染み込みの速度」「復元力」を

釣り方に設計で反映させ、使いやすい「理に叶った」ウキを作りました。


とかく「上げ重視とされる底釣り」離れした現代へら鮒釣りで

トップ外径と内径でエサを抱えるウキが多い事。

ボディー浮力を”過ぎず殺さず”が大切なこと。

3目出しのヌキセット等では、ボディー浮力を”過ぎず殺さず”が肝となるのはご存じでしょう。

ハリスが張らなければ、食いアタリでオモリは動かない。

大きなオモリの動きが出る時も

小さくしかオモリが動かない渋りの時でも

動かすのがウキの浮力(感度)です。


塗料をはじめ下地補強等、価格以上のハイスペックな製品です。

耐久性も徹底的にテストを重ねました。

規格も統一性を図り欠品した時の補充ムラをさせません。

国産ハンドメイド品の価格は、手間代と言っても過言ありません。

クオリティーの高さは自信を持って販売させて頂きます。

販売価格はかなり検討をして、ロープライスにさせて頂きました。


初回販売 【AP-1】(浅ダナ・パイプ・no.1)



《ボディー3.5cmから5mm刻み設計》



《~MAX.7cm迄》



AP-1はフルセット5mm刻みで8本組になります。

今後は1本からの販売を致しますが

初回販売は4本セットでの販売にさせて頂きます。

(出荷の問題上)


AP-1《浅ダナ基本モデル》

用途:両ダンゴ~通常のセット対応

価格:1本¥5.000-(税込¥5.500-)

SALE開始日:26日(月)午前12時より メール申し込みは着順


ウキの規格詳細は、「ウキページ・Arata」で紹介させて頂きます。


Arataに関しましては当店で扱うオリジナル販売ウキですので

当店の「独自見解」で今後も説明させて頂きます。