検索
  • おいちゃん

「冷やし中華はじめました」その1


懐かしい広告が出てきました。

作品を見ればいつの時代だか想像できますね。

カラ―広告を12年間出していた時の1ページ。


竿もそうなんですが、特に竿掛けの広告は

こういうカットが一般的だった。

「先から下まで、全部取らないとダメですよ。」と言うと

「そんなことは、何処の釣具店もしない。」の返答。


お客さんが何を求ているか?

それは【全体像】だとオイちゃんは思っていた。

握り・口元重視の広告から

全体像を写した広告を徹底して掲載した。

そして「先端何ミリからの何ミリテーパー」もぶち込んだ。

誰もやらないことをやる。




余りにも竿掛けが太いので

当時KIで話題だった「ボブサップの腕の様だ・・」で

広告にBOB(ボブ)なんて書き込んだ

基本、イカレテいる道具屋なのです。




西武ライオンズにいたカブレラの腕も太く

ボブよりやや細いのでそう名付けた。

こんなことをやってた釣具屋はうちだけだったが

結局全体像が当たり前となり

テーパーを表す数値表記も今では当たり前となった。

先端の”芽”を見せる事も大切な役割なんです。


てな訳で、HPの掛玉紹介には

「イケてるこんな感じ」画像を追加する事にしました。

あくまでも”感じ”ですから、込も合っていません。

画像を撮る角度で「現物以上」の露出はしないのが

無双のへら鮒釣り研究室の仕事。

ご安心あれ。


288回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Arata BP-1販売について

底釣りウキ BP-1が販売となります。 規格等は、HPのArataで確認ください。 発送が多数で、オイちゃん面倒なんですけど ボディーが1.5cm刻みで これを3cm組刻みで売る訳に行かないんです。 全く違う用途になってしまいますから。 だから丁寧にフリー販売にしました。 今回は選択自由販売です。 必要な番手を好きな本数でお求めください。 但し、数に限りがございますので 無くなり次第終了とさせて頂