検索
  • おいちゃん

冠マークの話し

※前回ブログで「柳生」と書きましたが

奈良「宝蔵院」にへの道場破りと思いだしました。

失礼致しました。


いやぁ、冠なんて言うのもとても恐縮です。

同じ物が好きではないから「まる仙」マークを入れて販売している。


細部まで拘って、一番の拘りは ”アフターフォロー” です。

品質保証のマークですね。

時代と共にそれは変わりますが。





本当の「仙」の字は違うんです。




これは川崎大師山門角の「ふま提灯」(川崎信金の横)のオヤジに書いてもらった勘亭流文字。

これが本当の「仙」の字なんですが、、、


今じゃスキミングして作れるけど

当時はそんな時代じゃなかったんですよ。


次回は「店のネーミング」を ( ..)φします。

結構、ドン引きしますよ (笑)

227回の閲覧