検索
  • おいちゃん

底釣りのウキ

底釣りを苦手にしている釣り師が多いと聞く。

オイちゃんからすると

バラケにウドンで一年中釣りをしている方を

神っぽく感じる。

それは自身が全く苦手であるからですw


底釣りは必ずエサが底に在り

確実性が高く『簡単である』と思うのだが

それは人それぞれの ”感覚の違い” な様だ。

管釣りならば未だしも野釣りとなれば

地底のアンジレーションや藻ズラ等。

エサアンカーになっての流れのシモリ。

そうなると些か厄介な釣り方だと思うのかもしれない。


ただ個人的な見解をすれば

「厄介に思える底釣りはウキが解決してくれる。」

と言っても過言ではないと考える。

上ハリトントンでタナを正確に取った時に

エサを付けてウキがなじんだ場合

エサが溶ければウキは上がってくる。

これが

①タナをズラした時

②深い水深でウキからオモリ迄の距離が有る時

③地底がヘドロや凸凹な時

④流れが生じた時

に上げの弱いウキだと難しさを生む。


上げの強いウキとは何であるかと言えば

「触りが出てエサが溶ければ確り上げてくる」ウキである。

むやみに浮力が有る様ではなく

打ったエサやハリの自重に比例する浮力のことを指す。

②④では道糸のフケが出る。

オモリが動いて動くウキに

糸フケがどの様に関連するかを想像しなくてはいけない。

パイプトップや無垢トップ

これは釣り手側の状況判断をするバリエーションで

ウキが肝心なことは

ウキからオモリまでのテンションである。

この「テンションを確り出してくれるウキ」を使えば

厄介だと思う底釣りも難しい物ではなくなる。

閲覧数:346回0件のコメント

最新記事

すべて表示

オイちゃんが無類の歴史好きなのは 古くからの諸兄ならお判りのこと。 特に中世の歴史と寺社仏閣。 ②今年のNHK大河「鎌倉殿の13人」は盛り上がった。 盛り上がったと言っても深夜に行われるサッカーWC日本戦を 視ない人もいるのだから 他人の興味はそれぞれである。 そろそろ”承久の乱”に突入して行くドラマの流れなので 先に申しておくがw この承久の乱こそがそれまでの腐った国家体質を変えた ギトギトした

あっと言う間の12月。 オイチャン的には激動の年であった。 ①やはり今年を振り返ると一番の想いは移転でした。 堪らない程エネルギーを費やした。 寝込まず倒れず、よく一人でやり切ったと思う。 貧乏人の魂とは物凄いものである。 旧店舗での販売品はそのまま移したが まだまだこれから販売品を増殖しなければならないので この店ともう少しお付き合いをお願いしたいと思います。 気にしている事は移転の準備で 「実

( ..)φ