検索
  • おいちゃん

楽勇心の竿

「匠工房」が橋本にあった。

竿師育成工房でR。

初めて作った15尺かな?

こま鳥さんに言われて

工房で継いだ想い出がある。



装飾オンリーの時代に、綿糸で攻めるこれはこれで好き。

へら竿の「原点」だよ。

グルテンが発売された時代から

綿糸が嫌われ、籐巻きツルツル握りへ変わっていったが

”機能” ”アフター” を考えれば

綿糸の握りが最高なんですね。

どこに価値観を持つかは

所有するへら師の感覚ですね。



意地悪な注文をだした。

段巻き・小継 です。


物作りは作者の性格が大きく反映される。

絶対に「気を抜く部分」をオイちゃんは知ってる。

そこを攻めてたらそれはOK。


販売店として合格ですね。

504回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

年末年始のおしらせ

今年も一年間、ご愛顧を賜りましたことを 心より御礼申し上げます。 年末は28日(火)まで通常営業しております。 年始は5日より営業です。 HPカレンダーでご確認ください。 オイちゃん今年は頑張って働いた。。。 連休は静かに充電しています。 年明けすぐに木こりが待ってますので (笑) よいお年をお迎え下さいませ。

Arata AP-2販売について。

たくさんのお申し込みを有難うございました。 また、販売本数も54本という事で ご注文したのにも当選できなかった方々には 申し訳もなく思います。 厳正にメール到着順とさせて頂きました。 仲間、知り合い等への忖度は一切ありません。 そういう店でもありませんし(笑) 皆様に行き渡る本数を一種生産していますと 「その時期のウキ」が作れなくなってしまいます。 なんとか補充販売が出来る様に努めてまいりますので