検索
  • おいちゃん

楽勇心の竿

「匠工房」が橋本にあった。

竿師育成工房でR。

初めて作った15尺かな?

こま鳥さんに言われて

工房で継いだ想い出がある。



装飾オンリーの時代に、綿糸で攻めるこれはこれで好き。

へら竿の「原点」だよ。

グルテンが発売された時代から

綿糸が嫌われ、籐巻きツルツル握りへ変わっていったが

”機能” ”アフター” を考えれば

綿糸の握りが最高なんですね。

どこに価値観を持つかは

所有するへら師の感覚ですね。



意地悪な注文をだした。

段巻き・小継 です。


物作りは作者の性格が大きく反映される。

絶対に「気を抜く部分」をオイちゃんは知ってる。

そこを攻めてたらそれはOK。


販売店として合格ですね。

599回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

箱物の規格

箱雅のウキ箱やハリス箱等を販売していますが 規格(寸法)には意味があるのです。 まずは長手の品物。 これは竿ケースに収める寸法で 袋に入れて上下重ねて130cm以内になること。 そうすると、 ウキ箱もハリス箱も、60cmと言うことになる。 残りの10cmは巾着袋の遊びで埋まる寸法と言う事です。 横幅を言うと最近の作りは ウキ箱で8本キャッチ ハリス箱で8cm(幅広)が主流です。 この幅は、「オノダ

リスタート

木曜日から出来る範囲で仕事を再開します。 お待たせを致しまし候。 毎日毎日、気が滅入るほど 痛みに耐えていたことが嘘のようでR。 「坐骨神経痛」は現代病の様なもので、治療はつらいが切っちまった方が早い。 経験者は語るだw 筋力が落ちないうちに早々と。 整形外科医は木こりの親分です(笑)