検索
  • おいちゃん

楽勇心の竿

「匠工房」が橋本にあった。

竿師育成工房でR。

初めて作った15尺かな?

こま鳥さんに言われて

工房で継いだ想い出がある。



装飾オンリーの時代に、綿糸で攻めるこれはこれで好き。

へら竿の「原点」だよ。

グルテンが発売された時代から

綿糸が嫌われ、籐巻きツルツル握りへ変わっていったが

”機能” ”アフター” を考えれば

綿糸の握りが最高なんですね。

どこに価値観を持つかは

所有するへら師の感覚ですね。



意地悪な注文をだした。

段巻き・小継 です。


物作りは作者の性格が大きく反映される。

絶対に「気を抜く部分」をオイちゃんは知ってる。

そこを攻めてたらそれはOK。


販売店として合格ですね。

629回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示