検索
  • おいちゃん

竹取物語

更新日:4月1日

「今は昔、竹取の翁というものありけり。

野山に混じりて竹を取り、よろづの事につかいけり。」


かぐや姫物語の初文ね。

皆さん知ってるでしょう。


竹を切って加工して、へら竿を作る。

それが へら竿師。

永い歴史の中で先人達が

”苦労”と”積み上げた技術”を

濃縮して販売されてるのが、現代・へら鮒竹竿。


「この竿で尺寸の鮒を30枚釣る為の”竿設計”。」

釣には行かないけど

「この竿で尺寸の鮒を30枚釣った時の”夢竿設定。」

買い手に無限のループを与えるのも

ハンドメイド・趣味のへら鮒釣り道具・竹竿です。



ズンズンが『源竿師』襲名竿を届けに来てくれました。

マスクしてると政治家の玉木サンに似ているw


こんな生地組。

「竿はね、3番で決まるの、4継ならね♥」

(無双の研究室論)


絹撚り糸を編み込んで

DAIWAの竿握りみたいに見えるが

手間を込めた100年物。

大変な作業らしい。。


「芽書き」

これは流派を如実に表す。

これは源竿師系の芽書き。

竿春も山彦も同じ。

オタマジャクシ型w

オイちゃんは好きです。



さて、

源竿師襲名とは家業の二代目を継ぐとは又違う。

紀州へら竿界の極みであり、今後も極めて頂きたい。


・現代風のややかぶり気味調子(穂先をややポッテリさせている為)だけど、”上質な古竹を使った〔特別〕品。

・まぁ特別過ぎますね…

・価値で言うと尺3~4万クラス。

・穂先も硬い。


色々な方が継いで見てくれてます。

ある程度ご覧下されば、販売に至ります。


尺¥25.700- 税込





閲覧数:326回0件のコメント

最新記事

すべて表示

( ..)φ

昨夜 You Tube を家で視ていたら 高野山麓のチャンネルで 製竿組合長が出演していたので 楽しく拝見していた。 「へら竿は何処で買えるんですか?」の質問に 「名古屋、埼玉、東京、千葉」です。 「あとはほんの街の釣り具屋数店で、、、」と。 あ、そこなのねw